乾燥肌の原因として、コットンで擦りすぎたりゴシゴシ洗顔をすることで肌を傷つけてしまいます。
そしてこれから暖かい季節になると汗をかきやすくなるため、何回も洗顔したくなるのは分かりますが、洗いすぎてしまうと必要な皮脂まで取り除いてしまい、ますます乾燥を招いてしまうためやめたほうが良いでしょう。
夏場は乾燥しないと思いがちですが、夏場でもエアコンや太陽の熱で十分に乾燥します。
乾燥肌にならないための対策としては、睡眠不足でホルモンのバランスが崩れないようにするといったように、体の中からのケアも怠らないことが大切です。
入浴の際も熱すぎるお湯で洗ったり、ゴシゴシ洗ったりせず、ぬるま湯でやさしく洗うようにしましょう。
お風呂あがりや洗顔後は肌をそのまま放置することは厳禁です。しっかりとスキンケアで保湿しましょう。
体の場合も、ボディクリームを塗るなどして顔と同じく保湿しましょう。
そしてエアコンの風や外の外気に触れすぎないようにすることが大切です。
乾燥することでかゆみが生じ、かいてしまうことでさらに悪化してしまうのでかかないようにしましょう。
外出する際は、スプレー式の化粧水を携帯することもおすすめです。
乾燥したと感じた時はスプレーし、常に肌を潤わせることが大切です。
乾燥を避けることはなかなか難しいことですが、予防やしっかりとケアをすることで十分に違ってくると思います。
詳しく原因が知りたい方はコチラ⇒乾燥肌 原因

関連記事


    植物成分が主成分となるオラクル化粧品は、保湿力と肌への浸透力が高いので 乾燥肌を改善することができます。 そのため、乾燥肌の人がオラクルを活用することで、 乾燥肌を改善しつつ美肌を得ることができます。…


    化粧水つけすぎていませんか? お肌の表面はとても薄いです。肌表面で化粧水が浸透するのは角質層と言われているところです。 角質層はわずか0.22㎜しかないのです。 その角質層へ化粧水をいっぱい浸透させた…


    アロマが特徴であるものやみんながよく知っているコスメブランドのものなど、数多くのボディソープが売買されています。 保湿力がなるべく高いものを使うことにすれば、入浴後であっても肌がつっぱりにくくなります…


    顔面に発生すると気になって、ついつい指で触ってみたくなってしまうのがニキビであろうと考えますが、触ることが元凶となって余計に広がることがあるらしいので、絶対に触れないようにしましょう。 首の皮膚は薄く…


    エイジングケアに効果的といわれているオイルスキンケアは、スキンケアの最後にオイルを塗ったり、洗顔後の最初にまずオイルを塗る、化粧水とオイルを混ぜる、クレンジング剤としてオイルを使用する、頭皮や神のケア…