脱色

ムダ毛を脱色して目立たないようにする、と言う方法があります。
カミソリを使いますと、ちくちくとしてしまいますが、脱色しますと、
ふわふわの毛がそのまま残りますから、ちくちくしたりすることはありません。
脱色剤を使ってニ十分程度で、ムダ毛の色が金色に脱色されます。
それは目立ちにくいですし、日に当たりますと、ふわふわきらきらして見えますから、
とても柔らかな風合いで素敵にも見えます。
冬場に、毎日カミソリを当てたくない時におすすめの処理と言えるでしょう。
好みにも寄りますが、毎日カミソリを当てたくない時や、
あまり肌を露出しない時期には、脱色剤でムダ毛の存在感を薄くする、と言う感じの処理です。
ムダ毛が濃くなる心配もありません。

詳しい情報はここ⇒ 小学生 毛深い

除去しちゃう

露出が少ない衣装で、ムダ毛を脱色しいた人も、夏、薄着になりますと、
脱色しても、ムダ毛が気になってしまう事があります。
やはり、除毛が一番美しい、と考えてしまうのです。
カミソリを使いますと、肌のムダ毛は除去されて、つるりと美しい肌になります。
しかし、数時間経ちますと、ちくちくと、新しい毛が生えてくるのです。
ちくちくしたくなかったら、毎日忘れずにカミソリを使う必要があります。

そして、毛抜きも有効な手段です。特に、わきなど、
ムダ毛の濃い部分は綿密に処理する必要があります。

カミソリ、毛抜きをフル稼働して、夏の衣装に挑みましょう。
肌を傷めないように、毛抜きやカミソリは清潔に保ち、除毛ケアの後には、
肌に優しいローションで美しい仕上がりにしましょう。

関連記事