グリップ、ポスチャー、アライメントで完璧なスイングを覚えましょう。
ゴルフに興味ある方…⇒グリップ ポスチャー アライメント

以前は左脇とかかとの線上が一致していました。
長さが短いクラブですから、スタンスをそんなに広くする必要はなかったわけです。
ですからこのふたつがあっていたんです。
ですから左かかと線上というのはひとつ大きなポイとだったんですが、
今の感覚でいくとスタンスを広くしてしまいましたから、
その分だけ左脇線上の位置が中に入ってしまいました。
ですのでその分だけ左脇の線上に合わせるように
スタンスの位置をずらしていただく必要がでてきました。
左脇の線上にあると実際に
先ほど言ったようなボールを転がして行くイメージのダウンスイングで来ていた。
そのまま最下点から少し過ぎたところでインパクトができるようになります。
ですので勝手に球が飛んでいくという形になります。
ドライバーは先ほど申し上げたように、左脇線上でいいです。
アイアンに関しても左脇線上でも大丈夫ですが、それよりももう少し内側でもかまいません。
イメージとしてはご自身の身体の中心、鼻よりも左、左脇よりも右、
この幅の中にボールがあれば振るだけで勝手に当たるという位置が必ず見つかります。
特にショートアイアンとか短いクラブを使っていらっしゃるときに、
真ん中よりも右において上からぶつけて打つ方も多いんですが、
このようにしてしまうとスイングを壊してしまう大きな要因になってしまいますので、
必ずボールは真ん中よりも左、そして左脇よりも右、この幅の中に置くようにしてください。

関連記事


    今日はオンラインゲームの課題についてお話をしていきたいと思います。 オンラインゲームの課題はたくさんあると思っております。 まずはゲームタイトルの少なさです。 メーカーはもっともっとゲームのタイトル…